IPフォンを利用したい【サービスの情報を確認しておこう】

オフィスの通話料を削減

電話

どんなサービスなのか

IPフォンとは、インターネット回線を利用した電話サービスです。機器同士の通話が可能で、固定電話のみならず携帯電話でも利用することが出来ます。音声のみの通話だけでなく動画によるリアルタイム通信も可能なため、業務効率を革新させる社内ネットワークの構築が可能。サービスはいわゆる回線事業者ではなく、インターネットへ接続するプロバイダが提供しています。従来の固定電話は、アナログ回線を使用し、電話線で物理的に電話局へつないでいました。電話局内には音声の交換機があり、そこを中継して相手へ音声が届けられる仕組み。IPフォンは、VoIPゲートウェイという機器が音声をデジタル化し、音声パケットとして相手へ送信。ルーターを介して相手側のVoIPゲートウェイへ届いた音声パケットはそこで再構成され、音声として再生される仕組みです。IPフォンにも専用交換機が必要なことには変わりありませんが、優れた電話交換機を導入すれば社内の電話業務を効率化することも可能。PBXと呼ばれる電話交換機を社内に設置すると、外線を内線に転送したり、各電話機同士を内線で無料でつないだりする仕組みを持っています。最近のPBXは既存の社内LAN上で機能し、内線接続を物理的ではなくIPアドレスの割り当てで構築するのが主流。また近年ではさらに進化し、PBXをクラウド上に設定することで設置運用コストを削減し、拠点間の無料通話を行える環境も構築されています。全国や海外に拠点を持つグローバル企業なら、支店や店舗間を無料の内線でつなげることで大きなコスト削減になります。また、中小企業向けにはPBX機能を内包し、専用電話機と一体となった機器も登場しています。PBXより接続可能機器数が少なく内線構築には弱い部分もありますが、かなり低コストで設定されているのが魅力。これからは企業規模に関わらず、IPフォンが活用される時代です。

Copyright© 2018 IPフォンを利用したい【サービスの情報を確認しておこう】 All Rights Reserved.